vimの使い方。最低限の操作ができるようになるまで

シェアする

CentOSなど Linuxがインストールされているコンピュータには、初めから vi というエディタがついてきてます。それを高機能化したものが vimになっており、vim もインストールされている linuxマシンがほとんどです。

なので、vim の使い方を覚えておけば、とりあえず、ファイルを編集することができます。

ここでは、最低限のvimの使い方を説明します。

vimの最低限の操作ができるまでの説明

vimのモード

vim が普通のエディタと違って戸惑うところは、vim を立ち上げた時、キーボードの文字キーを押しても文字が表示されないことです。

vimは、通常の文字 が、コマンドショートカットになっているため、文字入力できるモードになってないのです。

秀丸とか、Windowsのメモ帳とか、普通、エディタは、文字を入力すれば、それが表示されます。コマンドショートカットは、Ctrlキー+C で、コピーなどと、特殊キーとの合わせ技になってます。

vimでは、起動したてのモードを「ノーマルモード」と言って、いろんな文字がコマンドに割り当てられています。

そして、「挿入モード」と呼ばれるモードに入れば、入力した文字が入力できるようになります。

ノーマルモード     ⇔    挿入モード

この2つのモードがあることを覚えておきましょう。(他にもモードはありますが・・・)

ノーマルモード

テキストの内容をいろいろと編集できます。文字入力はできません。コマンドはCtrlキーと併用するものも一部ありますが、ほとんど、アルファベット一文字になってます。

カーソル移動のコマンド(文字)
h 左移動。カーソルキー←と同じ
j 下移動。カーソルキー↓と同じ
k 上移動。カーソルキー↑と同じ
l(小文字のL) 右移動。カーソルキー→と同じ
Ctrl+f 1画面下へスクロール
Ctrl+b 1画面上へスクロール
Ctrl+d 半画面下(down)に移動
Ctrl+u 半画面上(up)に移動
挿入モードへの移行
i カーソルの位置の前で挿入モードに移行
a カーソルの位置の後で挿入モードに移行
o カーソルの後ろに新しく行を追加して挿入モードに移行
I カーソル行の先頭で挿入モードに移行
A カーソル行の末尾で挿入モードに移行
O(大文字のオー) カーソル行の前に新しく行を追加して挿入モードに移行
コピーなど文字列編集
J カーソル行と次の行を連結
D カーソル位置から行末まで削除
x カーソル位置の1文字を削除
yy カーソル行をコピー
dd カーソル行を切り取り
p yyかddで保存した文字列をカーソル行の次の行に貼り付け
u アンドゥ(操作取り消し)
Ctrl+r リドゥ(取り消した操作のやり直し)
. 直前の変更を繰り返す
ファイル操作
ZZ あるいは :wq ファイルを保存してvimを閉じる(:wq!で強制的に保存して閉じます)
:q vimを閉じる。(:q! で強制的に閉じます)
:w ファイル保存
:w ファイル名

ファイル名を指定して保存。もともとのファイルには保存されないまま(ダーティフラグたったまま)

余裕があれば覚えたいコマンド
: + コマンド

ショートカット設定ないコマンドを実行できます。: を押した時点で、下部にカーソルが移動します。これをコマンドモードともいいます。

v 領域選択開始(これをビジュアルモードとも言います)
V 行単位での領域選択開始
Ctrl+v 矩形での領域選択開始

ビジュアルモードでhjklキーで領域を選択し、
y → コピー
d → 切り取り

gg ファイルの先頭に移動
G ファイルの末尾に移動
Ctrl + g 現在の位置を表示
/ + 検索文字列 ファイル下方に向かって検索
(nで次の候補、Nで前の候補に移動)
? + 検索文字列

ファイル情報に向かって検索
(nで次の候補、Nで前の候補に移動)

挿入モード

入力した文字をそのままテキストファイルに挿入するモードです。普通のエディタで文字を入力するときのような感じです。

ESCキー 挿入モードを抜け、編集モードに移行します
文字キー 文字が入力されます

カーソルキー、PgUp(ページアップ)キー、PgDn(ページダウン)キーは、編集モード、挿入モードどちらでも使えるので、ぜひ、使ってください。

モードの様子

ノーマルモード

挿入モード

ビジュアルモード

ノーマルモードで、v、V、Ctrl+v などを入力して領域選択中の時のモードです。
下方に「VISUAL」の文字があります。

コマンドモード

「:」文字を入力して、下部に 「:」が表れてコマンド入力できます。Enterキーでコマンドを確定するまでの間を、コマンドモードと呼びます。

まとめ

vimを最低限、使えるようになるための知識をお伝えしました。

かなり奥が深いツールですが、まずは、これだけマスターしておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする

フォローする