vim で 色設定を変える方法

シェアする

デフォルトの配色、見づらいですよね。

背景が黒なのに、# コメント行が、
すごく暗い青。ほぼ見えません。

そんなときは、vimの配色を変えて見やすくしましょう。

この記事ではvimの配色の変え方を説明します。

vimの配色の変え方

コマンドで配色変更する手順

vimを使っているその場で、簡単に配色を変えるためには
vim を起動した状態で、

などとcolorschemeコマンドを打ち込みます。

カラースキーマを変更することで、配色を変えることが出来ます。

カラースキーマの名前がわからなくても、 :colorscheme  まで入力した時点で、
TABキーを押せば、自動で補完されます。

また、Ctrl+Dを押すと、選択可能なカラースキーマのリストが表示されます。

最初から選択できるカラースキーマは、

のようなものがあります。

設定ファイルへの登録手順

気に入ったカラースキーマが見つかったら、

ホームディレクトリに、
.vimrc
をつくって、
colorscheme evening 
などと書いておけば、次回起動時から、自動設定されます。

配色の例

  • default
    最初に選ばれていたもの
    コメントが見づらい・・・

  • evening

  • morning
    黄色が見づらいです・・・・

  • blue

そもそもvimでカラー表示されない場合は?

ただ、そもそもvimを起動したのにカラー表示されず、一色での表示の場合があります。

その場合、vimを起動した状態から、

を実行すれば色が付きます。

カラー表示をやめたいときは、

と入力すれば良いです。

また、.vimrcに
syntax on と記述しておけば、次回から起動時にカラー表示されますよ。

まとめ

vimでカラー表示して、配色も好みのものを使うためには.vimrcに

  • syntax on
  • colorscheme 配色名

の2つの設定をしましょう。

カラー表示があるのとないのでは、作業効率がぜんぜん違いますので、ぜひ試してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう