テックアカデミーとコードキャンプはPHPを学ぶなら、どちらを選ぶべきか現役エンジニアが解説

プログラミング
この記事は約5分で読めます。

PHPを学ぶためにTechAcademy(テックアカデミー)CodeCamp(コードキャンプ)はどちらが良いか、悩む人も多いでしょう。

どちらも評判が良い大手オンラインスクール。

主にPHPを使ってフリーランスプログラマをしている僕の視点から、PHPを効率よく学ぶにはどちらが良いか比較します。

最初に結論を言うと、Web初心者ならコードキャンプ、既にある程度Webのことが分かっているならテックアカデミーがおすすめです。

 料金講師学習項目学習時間仕事サポート
テックアカデミー同程度専任性実践的少な目
コードキャンプ同程度毎回選択初心者向け多め

テックアカデミーとコードキャンプのPHP学習コース

テックアカデミーとコードキャンプのPHP学習コースを各項目ごとに比較していきます。

料金とサポート体制比較

条件を合わせるために、ともに4か月のコースで比較しました。

【テックアカデミーとコードキャンプのPHP学習コース(4か月)比較】

 PHPが学べるコース価格レッスン回数レッスン時間チャットサポート
テックアカデミーPHP/Laravelコース299,000円31回30分
コードキャンプWebマスターコース248,000円+入会金30,000円40回40分×

テックアカデミーは週2回レッスンがあります。

一方コードキャンプは、レッスンを受けるタイミングを自分で選択できます。

特徴をまとめると、次のとおりです。

ポイント

コードキャンプのほうがレッスン数が多く、レッスン時間も長い。
テックアカデミーはチャットサポートがあるが、コードキャンプはない。

講師の比較

テックアカデミーでは、講師は専任制です。

毎回同じ先生に学べるので、自分の弱点なども分かっていてくれるというメリットがあります。

一方コードキャンプは、講師は英会話スクールのように毎回選択が可能

「子育て中」「独立経験あり」といったユニークなフィルタを使って選べます。

コードキャンプは講師の専門分野も見れるので、自分が強化したい部分に絞って先生を選ぶこともできます。

ポイント

テックアカデミーは専任講師制
コードキャンプの先生は毎回選択可能

学習項目比較

学習できる内容は、次の通り。

【テックアカデミーとコードキャンプのPHP学習項目比較】

 テックアカデミーコードキャンプ
HTML/CSS
Javascript
jQuery
PHP
SQL
Git/GitHub
Bootstrap
Heroku

テックアカデミーはJavaScriptを学ぶ項目が少なく、その代わりに、実践的な項目を学べる内容です。

Gitはバージョン管理用のシステム、Herokuとはクラウド上の開発プラットフォームです。

コードキャンプはHTMLの基本から学べるような内容になっています。

ある程度HTMLが分かり、JavaScriptの基本も分かっているような場合にはテックアカデミーのほうが学びが多いと感じます。

反対に最初から丁寧に学びたいなら、コードキャンプのほうが良いでしょう。

ポイント

実践的な項目も学べるのはテックアカデミー
最初からしっかり学ぶならコードキャンプ

必要な学習時間

しっかりスキルをつけるのに、合計でどれぐらいの学習が必要か。

4か月のコースを取った場合の学習時間の比較は次のとおりです。

【テックアカデミーとコードキャンプのPHPコース学習時間比較】

 合計学習時間週当たりの学習時間
テックアカデミー80~160時間5~10時間
コードキャンプ160時間~240時間10~15時間

テックアカデミーのほうが圧倒的に少なめに設定されていますね。

ただHTMLをいちから学ぶ場合の学習時間は300時間と設定しているスクールもあり、初心者の場合には200時間は覚悟しておいたほうが良いかと思います。

そう考えると、コードキャンプのほうが、初心者をターゲットに学習時間を算出していると思われます。

ポイント

コードキャンプのほうがWebの初心者向けに設定されている

達成できること

どちらの講座も、最後にはPHPを使ってオリジナルのWebアプリを作ります。

掲示板サイトや会員制サイトを作れるようになります。

このとき、テックアカデミーはチャットサポートがあるので、ちょっとしたことでも質問しやすい。

一方コードキャンプの場合、Webデザインに強い先生を選べるので、見栄え的な面も相談できるというメリットがあります。

ポイント

どちらのコースでも最後はオリジナルのWebアプリを作る

転職・独立サポート

テックアカデミーでは、受講生は「TechAcademyキャリア」に登録すると、ニーズに合ったスカウトが届きます。

コードキャンプでも転職サポートがあります。また「キャリアTalk」というレッスンでキャリアに関する相談が可能です。

ただいずれも、転職保証をしているわけではありません。

またどちらのスクールも、当然ながら、講座受講後に未経験から独立プログラマとして仕事ができるとは保証していません。

僕も、プログラマとしての実務経験がゼロだった場合には、すぐに独立するのは難しいかと思います。

その場合には戦略がありますが、これは別の記事にまとめているので、気になったら併せて読んでみてください。

結論:Web初心者ならコードキャンプ、中級者ならテックアカデミー

結論として、Web初心者ならコードキャンプ、ある程度知識があればテックアカデミーでPHPを学ぶのが良いでしょう。

どちらも無料体験と無料体験レッスンがあるので、気になったらチェックしてみてください。

テックアカデミーの無料体験ではログイン後、少しだけですがオンラインの教科書も見れるので、どんなふうに学んでいけるかの雰囲気もつかめます。

無料体験にもかかわらず、課題の添削もしてくれます。

下記をクリックしてテックアカデミーの無料体験の詳細をチェックしてみてください。

↓↓↓



コードキャンプも、無料体験で教科書を少し見れます。

さらに実際の会員と同じように、先生の一覧ページにもアクセスできます。

下記をクリックして、コードキャンプの無料体験の詳細をチェックしてください。

↓↓↓




なおプログラム学習中の僕の妻が体験してみましたが、どちらも面倒な営業をされることはなく、丁寧に質問に答えてくれたとのこと。

このあたりのことは別の記事にまとめてあります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント