エクセル

エクセル

エクセル 基本動作 セル内で改行をする方法

表の中で、箇条書きする必要がある、あるいは、1行が1レコードのデータとなっているため、一行の中で長い文章を書く必要がある、ということがあります。 このようなとき、セルの中で改行を入れようと思い文字列の入力途中で Enterキーを押すと、次...
エクセル

エクセルでプルダウンメニューを使うには入力規則を使います

エクセルで日々の入力作業では、限定された数の文字列を繰り返し入力することがあります。例えば、「分類」とか「品名」など、家計簿だと「用途」など。 これらを入力するとき、要素を覚えていないと入力ミスの可能性もありますし、要素名が長いと、入力に...
エクセル

エクセル 基本操作 ワークシートの操作

エクセルでは、一つのファイルをワークブック(Workbook)と言います。ワークブックはワークシート(Worksheet)とよばれる作業領域を持っています。一つのワークブックでワークシートは複数持つことが出来ます。 1つのワークシートでも...
エクセル

エクセル ピボットテーブルで元データを追加したときの更新方法

エクセルを使って入力したデータを集計・分析するのには、ピボットテーブルを使うと便利です。 記事「ピボットテーブルを使って簡単にデータ集計できます」では、ピボットテーブルを使った集計のやり方を紹介しました。 エクセルでピボットテーブルを作...
エクセル

エクセル ピボットテーブルで集計項目をまとめるグループ化の方法。文字列・日付・数字の場合

エクセルを使って入力したデータを集計・分析するのには、ピボットテーブルを使うと便利です。 記事「ピボットテーブルを使って簡単にデータ集計できます」では、ピボットテーブルを使った集計のやり方を紹介しました。 ピボットテーブルで、集計項目が...
エクセル

エクセル 「ピボットテーブル」を使って簡単にデータ集計できます

とりあえずエクセルに打ち込むのは打ち込んだんだけど、ここからどう集計すればいいのか手が止まって、また考えよと集計を後回しにすること、私はとても良くありました。 例えば、家計簿。買い物のたびに金額を打ち込むのも大変なことでしたが、いざ打ち込...
エクセル

エクセル 条件に一致するセルをカウントするCOUNTIF関数

エクセルのシートには非常にたくさんのデータを扱うことができます。 たくさんのデータの中から、条件に一致するセルの数を数えたい事があります。家計簿をつけていると、外食をした回数だとか、大きな買い物をした回数などを知りたくなったりしますよね。...
エクセル

エクセル IFでAND関数やOR関数を使って複数の条件判断をする方法

エクセルでは、IF関数により、数字比較、文字列比較などの条件により結果を変化させることができます。条件式には、結果が「真」か「偽」になる関数、あるいは、結果が「0」か「0以外」となる関数や計算式も入れることができます。 実際に使ってみると...
エクセル

エクセル IF関数により数字や文字列比較で条件分岐する方法

エクセルを使い慣れてくると、数式で計算させたり、その数式を縦(行方向)や横(列方向)にコピーして繰返し計算させることがよくあります。その際、列や行の条件によって、計算式を変えたいことはありますね。 IF関数を使うことで、条件により処理・計...