USB外付けテンキーで、ノートパソコンでも左手でも数字打ち放題

シェアする

こんにちは。プログラマの若林です。

1列目の数字キーをブラインドタッチできてもおすすめなテンキー

普段は、キーボードの一列目の数字列もブラインドタッチできるので、わざわざ腕ごと動かさないとたどり着けないテンキーを使うことはないのですが、ひたすら数字を打ち込まなきゃいけないときは、テンキーのお世話になってます。

テンキーって真ん中の「5」の数字に「突起」がついてて、全ての数字をブラインドタッチで片手で打てるし、ひたすら数字を打ち込むなら、必須アイテムですよね。

普段、テンキーの無いノートパソコン使ってて、しかも、お気に入りの外付けキーボードにテンキーが付いていない私ですが、外付けテンキーのおかげで、数字データ打ちまくりの業務も快適に作業しています。

とはいえ、腕ごと動かすのが面倒で、つい、キーボード一列目で打ち始めちゃうんですけど。

10個以上の数字を打ち込むんだったら、腕ごと動かしてでもテンキーを使う価値はありそうです^^;

テンキーが付いていないノートパソコンだけでなく、ダブルテンキー環境もありです

外付けテンキーならではのメリット

左手で打てる

そもそも私は、テンキー付きのキーボードがありながら、左手でテンキーを使いたかったために買ったのでした。あれは、エクセルで大量の数字を打ち込む必要があったときでした。

右手はマウスを使って打ち込み先のセルを変えながら、左手でテンキーを使う。

やっぱり、腕ごと動かすことを少なくすることが、作業を楽にする秘訣ですね。

他のキーがついてる

例えば私が使ってる外付けテンキーには、TABキーがついてます。これがエクセル使ってると便利なのは言うまでもないですよね。

また、00 とゼロ2桁打ち込んでくれるキーも付いてたりします。これも桁数が大きいとき便利ですよね?私は00ボタンはあまり使ったことないです^^;

PgDnやPgUpがFnキーコンボになってるノートでもワンキーで押せる

普通のテンキーも同じなんですが、NumLock(ナムロック、数字を使うこと)キーをOFFにしているとテンキーをカーソルキーや、Homeキー、ページダウン(PgDn)や、ページアップ(PgUp)キーとして使うことができます。

コンパクトなノートパソコンだと、私のメインパソコンもですが、PgUpなどはFnキーを押しながらじゃないと使えません。

テンキーでNumLock OFFにして、PgUpやPgDnキーとして使うのもありだと思いますよ。

テンキーへ腕ごと動く必要はありますが^^;

おすすめ外付けテンキー

ということでおすすめ外付けテンキーです。結構安いです。私は店舗で衝動買いしたので倍以上しましたが、実は安かったんですね・・・

・エレコム USB接続テンキーボード

ベーシックな一品。記事を書いている2018年6月現在、ベストセラー一位になってます。

・エレコム USBテンキー USBポート2つ付き

まとめ

外付けテンキーは、テンキーが付いていないノートパソコンや、左手でテンキーを使いたい人におすすめです。

またコンパクトノートパソコンでは、Fnキー使わなないと押せないページダウンやページアップボタンも1キーで押せるという意外な便利が隠されています。

他にも、Tabキーや00キーがついていることも意外な便利さの一つです。

よかったら使ってみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう