Cドライブの容量が小さいWindows10ノートのDドライブにChromeをインストールする方法

シェアする

保有するE200HAで、外付けUSBメモリにインストールした手順

私が持っているE200HAのように安いモバイルパソコンはCドライブが32GBと必要最小限となってます。

Windows10の大型アップデートを適用するのも、一苦労なぐらいCドライブはかつかつになってしまいます。

この記事では、それを防ぐため、アプリケーションをなるべくDドライブにインストールする方法を紹介します。

注意事項:

なお、本記事では、E200HAを例にして書いていますが、他のパソコンでもやり方はほぼ同じです。

また、E200HAにはmicroSDのスロットがありますが、私のE200HAは、スリープから復帰した時microSDメモリは認識しないことが何回か発生したため、USBメモリをDドライブとして使うようにしています。

microSDメモリの認識に問題のないノートパソコンの場合はmicroSDをDドライブとしたほうが、よりスッキリ対応することが出来ます。

インストール時にINSTALLドライブを選ぶことができるアプリケーションはDドライブを指定すること

下図はあるアプリケーションのINSTALL途中の画面ですが、インストールするフォルダを設定する画面となっています。

c:\Program Files (x86)\FreeMind

とある最初のc: を d: に変更すれば、CドライブではなくDドライブにアプリケーションをインストールすることが出来ます。

Windows10で、Dドライブにインストールされているアプリケーションの一覧をは、設定→アプリから見ることが出来ます。

下図はDドライブにインストールされたアプリケーションの一覧が表示されてます。

ChromeをDドライブにインストールするには ポータブル版を使うこと

ところが、アプリケーションの中には Cドライブにしかインストール出来ないものがあります。たとえば、Google製のウェブブラウザ Chrome がそうです。

方法としては、Chrome Portable というポータブル版を使うんです。ポータブルとは「持ち運びできる」って意味です。

ポータブルを使うと、バージョンアップが面倒だったりするため、ポータブル版のアプリケーションを管理できる便利なアプリケーションがありますので、紹介します。

ポータブル版を管理するPortableAppsの使い方

Dドライブにインストールできるポータブル版アプリを管理するソフトは、「PortableApps」です。

使い方を説明します。

インストーラのダウンロード

まず、PortableApps のダウンロードページにいきます。

そして、Download 14.4.3(数字はバージョン名なので代わります) のボタンをクリックしてインストーラをダウンロードしてください。

PortableAppのインストール

  1. ダウンロードした PortableApps.com_Platform_Setup_バージョン名.paf.exe をダブルクリックして実行します。
  2. 日本語を選択

  3. 「次へ」クリックで開始。

  4. ライセンス契約書に「同意する」をクリック

  5. インストールの種類に「新規インストール」を選択して「次へ」をクリック

  6. インストール場所に「ポータブル」を選択し「次へ」をクリック

  7. インストール先デバイスとして「Dドライブ」を選択、「次へ」をクリック

  8. 「次へ」を押してインストール開始

  9. インストール後、「完了」を押すと、アプリが起動します。

起動のしかた

インストール後は自動で起動しますが、自分でも起動できるように準備します。

Dドライブをみてみると、Start というアプリが出来ています。

このStart をダブルクリックすると起動します。

でも毎回、エクスプローラーで選ぶのも面倒なので、スタートメニューにピンどめしましょう。

Start.exe を右クリックして、「スタートピン留めする」を選択します。

スタートメニューにピンどめされてます。

Chromeのポータブルアプリをインストールする方法

PortableApps を起動すると、メイン画面が表示されます。

そこで、「アプリの管理」→「もっとアプリケーションを入手する」→「カテゴリー順」をクリックして、ポータブルアプリ選択画面を表示させます。

すると PortableApps のサーバで更新情報を確認した後、インストール可能なポータブルアプリの一覧が表示されます。

下図のようにインストール可能なアプリケーションを選択するウインドウが表示されますので、Google Chrome にチェックを入れて、「次へ」を入れます。

インストールが始まります。新しいアプリはすべて、PortableAppsをインストールしたのと同じドライブにインストールされます。

ダウンロード後に、Chromeのライセンス契約書の確認画面が出るため、「同意する」をクリックします。

インストールが始まります。

終了しました。

PortableAppsでインストールしたアプリの起動のしかた

PortableApps を起動すると、左側の領域に インストールしたポータブルアプリケーションの一覧が表示されす。

クリックすると、該当アプリケーションが起動します。

Google Chrome Portable をクリックすると、見慣れたChromeが起動します。

PortableAppsでインストールしたアプリケーションのバージョンアップの方法

PortableAppsのメイン画面で「アプリの管理」→「更新を確認する」をクリックします。

するとバージョンアップが可能なアプリケーションの一覧が表示されます。

チェックを入れて「次へ」をクリックすると、更新が始まります。

まずはダウンロードから。

ダウンロードが終われば、バージョンアップのインストールが始まります。

「完了」をクリックして終了です。

設定を変更する方法

「オプション」をクリックします。

一般タブでは、アプリ一覧の表示を変更できます。アルファベット順にしてみました。

「接続」タブはプロキシ設定がなければ、特に変更なしです。

「テーマ」タブで見た目を変更できます。

「高度な設定」では、

  • 更新の確認
  • アプリディレクトリーの設定
    →インストール時の表示について
  • その他

アプリケーションの名前から「Portable」を隠すにチェックを入れてみます。

下図は、テーマを明るいものに変えて、
インストール済みアプリをアルファベット順にならべ「Portable」の表示を外してみたメイン画面です。

DドライブにするおすすめのmicroSDメモリ、USBメモリ

冒頭でも述べましたが、私のE200HAは microSDスロットは、スリープから復帰時に、認識せず、当然ですがmicroSDにインストールしたアプリが起動できない状況が発生したため、USBメモリをDドライブとしています。

ネットで検索してみると、E200HAで、microSDを認識しなくなる現象がちらほら散見出来たので、私のE200HAだけの問題ではなさそうです。E200HAでは、私と同様の問題が発生する可能性があるので、その場合は、microSDメモリのUSB変換アダプタを使ってmicroSDメモリをUSBポートに挿して使うようにしましょう。

それではおすすめを紹介します。

microSDメモリ

せっかくなので 64GBや128GBの大容量のものが、値段が落ちてきておりおすすめです。
特に下のmicroSDがおすすめです。サンディスクで安心できますし、安いです。

・64GBの microSD

・128GBのmicroSD

microSDのUSB変換アダプタ

microSDをUSBポートに挿して使うなら、USB変換アダプタをつかいましょう。いい具合に、すごく小さい microSD-USB変換アダプタがあります。

iBUFFALOのmicroSD-USB変換アダプタ

むちゃくちゃ小さいです。これならノートパソコンに挿しっぱなしでバッグなどに入れてもUSBコネクタ部を壊すことなく持ち運びできます。

USBメモリ

「microSDメモリ+USB変換アダプタ」 のように部品を組み合わせなくて良いので扱いが楽です。私は下の64GBのUSBメモリをE200HAに挿して使ってます。

USBメモリは、おすすめは以下のものになります。

圧倒的に売れてて、Amazonで今900件以上のコメントあり、そして、安心できるメーカー。さらに5年保証がついているので、かなり安心です。

microSDスロットは頻繁に使うってひとも、USBメモリのほうが良いですね。

・SanDisk USBフラッシュメモリー64GB(USB 2.0)

このUSBメモリを私のE200HAにさした状態が↓画像になります。
挿したままでもE200HAをカバンに入れて持ち運び出来ますよ。
 

でも、実は、E200HA のUSBポートって左側が USB 3.0 って高速アクセスができるバージョンなんですよ。

そこで、高速アクセスができるのが下のメモリになります。USB3.1まで対応なので、とても高速なはずですよ。

amazonでもまだまだレビュー数が少ないんですが、上のSanDiskの後継商品なので、その点は安心できるはずです。保証も5年ついてます。

 
・SanDisk USBフラッシュメモリ (USB3.1 対応)

E200HAで使う場合、左側のUSB3.0のUSBポートを使うようにしましょう。

まとめ

Cドライブの容量が小さいWindows10ノートパソコンでは、PortableApps を使うことによって、ChromeをDドライブにインストールすることが出来ました。

またChrome以外にも、Cドライブ以外にインストールできるアプリケーションがたくさんあります。

CドライブのSSDやeMMCなどのドライブに比べると、microSDやUSBメモリは速度は遅くなってしまいますが、ちゃんと実用に耐える速度で使うことが出来ます。

Cドライブを大きく空けておくことができれば、そこに大切なデータを置くことも出来ますし、Windows10の大型アップデートに備えることが出来ます。

USBメモリはなるべく信用のおける、速度の早いものを使いましょう。

また、もしも、今のパソコンのストレージ容量が少なくて困っていたら、ストレージを換装(載せ替え)したり、パソコンの買い替えを考えてみるのも一つの手です。

特に大企業がリプレース(入れ替え)で大量に出回っている中古パソコンはお手頃価格なのに、きびきびと快適に使えるものも多くおすすめです。

記事「プログラミングを始めるのに中古ノートパソコンで十分です。6つの項目で選ぶおすすめ中古ノートパソコン」にプログラミングだけでなく普段使いにお薦めなノートパソコンを紹介してますので、ぜひ一度読んでみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

  1. 湾岸太郎 より:

    結局何をすればいいのかわかりません、必要なことを教えてください
    Cドライブが基盤と一体なので容量が28GBのためいっぱいです
    Cドライブを外付けにしたいのですが、どうすればいいですか、できますか
    Cドライブはデータドライブにしたい

    以上よろしくです

  2. わかばやし より:

    湾岸太郎さん、こんにちは。
    残念ながらCドライブが基盤と一体の場合、ドライブを私達ユーザで換装することができません。また外付けのドライブをCドライブにすることもできないんです。

    このため、この記事では、なるべくCドライブの空き容量を増やすために、Dドライブ(外付けのフラッシュメモリ)にアプリケーションをインストールする方法を説明しました。

    湾岸太郎さんにおすすめできる方法としては、
    ・アプリケーションをCドライブからアンインストールしてDドライブにインストールする
    ・データもCドライブからDドライブに移す
    ことになります。

    記事「E200HAのWindows10アップデートが容量不足で困難だったので、USBメモリをDドライブとして増設した結果・・・」(https://kekaku.addisteria.com/wp/20180117115203)で紹介していますので、参考にしてみてください。

    また、もし、買い替えも視野に考えていましたら、中古ノートパソコンがおすすめですよ。
    私も今パナソニックの中古ノートパソコンをメインで使っています。ちょっと分厚くて1.3KgとちょっとE200HAより重いですが、新品パソコンに比べかなり安く手に入れることができますよ。
    記事「プログラミングを始めるのに中古ノートパソコンで十分です。6つの項目で選ぶおすすめ中古ノートパソコン」(https://kekaku.addisteria.com/wp/20171204043751)で紹介していますので、もし興味がありましたらこちらも見てみてください。

    また、わからないことがありましたら、ぜひ質問してくださいね。