linux cpコマンドでディレクトリまるまるコピーするには

シェアする

Linuxを使っていて、ディレクトリをコピーしたい時、

と、
-r : 再帰的コピー
のオプションを使ってやってしまってませんか?

私はそうでした。

でも、Webサーバーのディレクトリをコピーした時、
サブディレクトリのオーナーが変わってしまうことで
書き込みができなくなって困ったことがありました。

アップロードフォルダやテンポラリフォルダに書き込みが出来ず、
エラーってのが、ありがちな不具合です。

そこで、ディレクトリコピーするときは、-aオプションを
使いましょう。

パーミッションやオーナーなどの情報もコピーしてくれます。

-aオプションの意味

-d
-R
–preserve=all
の組み合わせたもの。

下の引用からわかることは、

-d : シンボリックリンクが指すファイルを複製せず、シンボリックリンクとしてコピー
-R: 再帰的にサブディレクトリ内もコピー
–preserve=all : モード、所有権、日時、リンクなどもコピー

ということで、すべてコピー元のディレクトリと同じ構造にコピーしてくれます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう