composerを使ったLaravelインストール手順

laravel
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Laravelは、ウェブアプリケーション フレームワークの中でも、今世界中で広く使われているフレームワークです。

フレームワークというのは、ソフトウェア開発をしている上で共通で使われるような機能をまとめて枠組みとして提供できるようにしたライブラリ集のようなものです。

ライブラリとの違いは、フレームワークには、ソフトウェア設計やアプリケーションの大枠まで提供されるところです。

特にウェブアプリケーション フレームワークだと、ウェブアプリを作るための大枠が用意されていいます。

具体的には、ブラウザからのリクエストを受けてリプライを返答する仕組みが用意されていたり、また、アプリケーションをMVCに分けてコーディングするようにソフトウェア設計もされています。他にもいろいろ用意されてますよ。

PHPでウェブアプリケーションを開発するのであれば、まずはLaravelをやっておけば良いと思いますし、Laravelを使うためにPHPを選んでも良いぐらい、使いやすいしパワフルなフレームワークだと思います。

この記事では、composerを使ってLaravelでウェブアプリケーション開発を始める手順を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

composerを使ったLaravelインストール手順

composerの準備

Laravelをインストールするために、PHPのライブラリ管理ツールcomposerを使います。

composerがインストールされてなければ、下の記事を参考にインストールしてください。

Laravelの新しいプロジェクトを作成

PowerShellやgit bash などのコマンド入力アプリを起動します。

Laravelのプロジェクトを作成したいルートフォルダに移動して、

と入力して、プロジェクトを作成します。laravel/laravelというのがlaravel本体を意味します。もし、特定のバージョンをインストールしたい場合は、laravel/laravel=5.8 のように、バージョンを指定することも可能です。

例えば、laravel_prj1という名前のLaravelプロジェクトを作成してみます。

composerの create-project コマンドによって、laravelを使うプロジェクトのひな形がダウンロードされて、更にlaravelやlaravelに必要なパッケージのダウンロードが行われています。

–prefer-dist オプションはデフォルトとなってるため付けなくてもよいのですが、公式サイトの例でもついてますね。このオプションはディストリビューションパッケージの方を優先させるという意味です。–prefer-sourceとすると、ソースパッケージが優先されます。

composer global require “laravel/install” を使わない理由

laravelの公式マニュアルサイトには、この記事で紹介したcreate-project コマンドを使う他にも、global require コマンドを使って、composerのグローバル環境にlaravelのインストーラをインストールする方法も紹介されています。

しかし、composer では、プロジェクトごとにライブラリのパッケージを管理できるところが大きな特徴になっております。なので、この記事では、composer全体に影響を与えるglobal require コマンドを使わず、プロジェクトを新しく作ってそこにlaravelをインストールするように create-project を使う方法だけ紹介しています。

Laravelひな形プロジェクトの動作確認

Laravelのプロジェクトには、Laravelローカル開発用のサーバ起動がついています。ですのでXAMPPやapacheなどのウェブサーバーアプリがインストールされていなくても、開発を始めることができます。

開発用サーバーを起動するには、create-project で作られたフォルダに移動して、

とコマンドを入力します。

このままブラウザからアクセスしてみましょう。

上図のログを見ると、サーバーURLは<http://127.0.0.1:8000>とありますが、127.0.0.1 というのは自分のコンピュータのことで、localhost としても大丈夫です。

ブラウザを起動して、URLに http://localhost:8000 を指定してアクセスしてみましょう。

下図のように、Laravel の画面が表示されれば、Laravelプロジェクトの作成は成功です。

まとめ

この記事では、composerを使ってLaravelをインストールする手順を紹介しました。

実際には、composerで新しくPHPのプロジェクトを作ってそこに、Laravelのひな形アプリをダウンロードして、Laravelに必要なライブラリをインストールしています。

また、ローカルサーバー(自分のパソコン)で開発テストを行なうための簡易的なサーバーを起動して、Laravelプロジェクトにブラウザでアクセスできるところまで紹介しました。

これでLaravelを使ったウェブアプリケーションの開発を始めることができますので、色々といじって行きましょう。

Laravelはとても強力なフレームワークでいろいろな便利機能がありますよ。そのあたりもメルマガでもいろいろと書いてますので、よかったら登録してみてください。

メルマガ登録フォーム

氏名*
メールアドレス*
確認用メール アドレス*

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント