lsコマンドを入力しようと入力ミスして sl と打ち込んだことありますか?Linuxコマンドで走る機関車

CentOS
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

機関車が走るテキストアート SL

私が大学でunixを使い始めたころの話です。

ls コマンドを入力するところ、間違えて sl と打ち込んだ時の驚きをいまだに覚えています。

コンピュータルームで、隣で友達が画面一緒に見てて、なんかの期限直前だったのか、ちょっと緊迫した中、カタカタとキーボードをたたいてました。

で、sl のあとEnterキーを押した瞬間、

「あ、打ち間違えた。うわあーーーー、なにこれーーーー」

なんて、声を上げて笑い転げたことを覚えています。

残念ながら、その時、どんな作業をしてたのかはすっかり忘れていますが、画面を走り抜ける機関車だけ鮮明に覚えているんです。

目的はミスタイピングの癖を矯正すること!

完全なジョークソフトですが、man コマンドでマニュアルを見ると、その目的は、悪い癖であるミスタイピングを矯正することとあります。

そのためか、機関車が走っている数秒の間、Ctrl+Cで止めようとしても強制終了できません。

オプション

下はmanコマンドのマニュアルです。

lsコマンドでよく使う -a, -l, -F のオプション付きです。

-a は、乗客が「助けて」と叫んでます。
-l は、機関車が小さめです。
-F だと、機関車が空に飛び立つ感じが出てます。

SEE ALSO(参照)に、ls と出ているのも気がきいています。

 

インストール手順

このコマンド、普通に yum でインストールしたら、CentOSのLinuxで使えます。

インストールしてみると面白いですよ。

下はインストールログです。

と、yumコマンドを入力してインストールしています。

 

知らずに遭遇したほどの感動はないかもしれませんが、息抜きにはなります。

よかったらどうぞ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント