mysqlでDBファイルを小さくする方法

シェアする

centOS 6 を使っています。

mysql のDBは、/var/lib/mysql にあるのですが、一旦大きなデータを作ると、削除してもDBは大きいままです。テストのため、でかいデータを配置した後、ずっと大きいままだと無駄に容量を圧迫してしまうので、小さくしたほうが良いです。

では、DBを小さくする方法を説明します。

mysql で DBサイズを小さくする方法

→5GBある ibdata1 を小さくしたいと思います。

手順1. DBのバックアップを取る

DBサイズを小さくした状態で行います。

手順2.サーバーを停止します

一旦停止します。

手順3.ログファイルとデータベースファイルを削除

mysqlでは、一旦ログファイル(ib_logfile0,1)に書き込んだ後、遅延してデータベースファイル(ibdata1、InnoDBのテーブルスペースです。)に書き込む用になってますので、両方のデータを削除する必要があります。

手順4.サーバーを起動

手順3でファイルを残していたりすると、起動NGになります。

手順5.データをリストア

バックアップしておいたデータをリストアします。

ちゃんとサイズが小さくなってます^^

ちなみに、ll は ls -l のalias です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう