ESETのバージョン確認とソフトウェアアップデートの手順(Windows)

シェアする

こんにちは。

最近、ESETの設定をいじることがあって、ついでにライセンスの期限とか調べてたら、ESETのバージョンが古いことに気づきました。

古いとセキュリティに関わる「ウィルスの定義ファイル」は自動で更新されているので、特に気にしていませんでしたが、せっかく気づいたのでESETをアップデートしました。

この記事では、ESETを使っている方に、ESETのバージョン確認の方法と、アップデートの手順を紹介します。

ESETのバージョン確認とバージョンアップの手順(Windows)

現在のESETのバージョンの確認

現在のバージョンの確認方法ですが、通知領域にあるESETのアイコンをクリックし、ESETの画面が表示されたら、左側メニューで「ヘルプとサポート」をクリックします。

2019年6月4日現在では、最新版のバージョンは、12.1.34です。

バージョンアップの手順

アップデートのステップは、ダウンロード、インストールとなります。古いバージョンのアンインストールは、インストール中にやってくれてます。

インストーラーダウンロード

CanonのESET Internet Securityバージョンアップページにいきます。下図のようなページが表示されるので、少し下にスクロールして、「ダウンロード」をクリックしてインストーラを保存してください。

インストール

ダウンロードしたインストーラを起動します。今回の場合、inst_eisv121_nr.exe になってます。installer eset internet security version 12.1 の意味ですね。

インストールの前に、「重要なお知らせ」が表示されます。必要に応じて確認してください。よければ、「確認」をクリックして進みます。

特に話は進んでいませんが、「開始」をクリックして始めます。

インターネット接続してプログラムをダウンロードしてます。このまま待ちましょう。

インストール用のソフトが起動します。「続行」をクリックして進みましょう。
どうでもよい話なのですが、何をするでもなくただ進めるだけでも、ボタンの文字が、「確認」→「開始」→「続行」とすべて違いますね。

インストーラーっぽくなってきました。ライセンス契約が表示されるので「同意します」をクリックして進みます。

他にウィルス対策ソフトがインストールされてないかチェックしているようです。

これからインストールですね。「続行」をクリックして進みます。

設定がいくつかあります。ESET LiveGrid フィードバックシステムというのは、ESET社でデータを集計するためのものです。選択はどちらでもよいと思います。

望ましくない可能性があるアプリケーションの検出は、自分でアプリケーション開発をしていると、自分のアプリが引っかかってしまうこともありますが、逆にチェックになってよいので、いずれにして、「望ましくない可能性があるアプリケーションの検出」は有効にするのがおすすめです。

「続行」で進みます。

よくアプリケーションにある改善プログラムの選択です。

参加はどちらでもよいと思います。「インストール」をクリックして進みます。

やっと、インストールが始まりました^^; しばらく待ちます。

2分もかからず完了しました。「完了」をクリックして進みます。

すぐに、最初のプログラムの側で完了となります。

お疲れさまでした。

再起動が必要となりますので、とりあえず「今すぐ再起動」でなくてもよいので再起動しましょう。

バージョン確認

再起動したら、もう一度、通知領域のESETのアイコンをクリックしてESETの画面を表示させてください。

「ヘルプとサポート」メニューをクリックすれば、ESETのバージョンが表示されます。

また、左側メニューで「アップデート」をクリックして、右下の「最新版のチェック」をクリックすると、ソフトバージョンに新しいのがないか、また、ウィルス定義ファイルもここからバージョンアップすることができると思います。ちょっと表示が変わってますね。

以上です。お疲れさまでした。

余談:旧バージョンでのアップデート表示

古いソフトバージョンの時は、下図のような感じでした。明らかにウィルス定義ファイルと製品が独立して表示されてましたね。

このパソコン、私が常用している3台目のパソコンなのですが、メジャーバージョン10ですね。これもアップデートしないといけないです。12.1が出ているというのに最新って表示されちゃってますね。少し謎です。

まとめ

ウィルス対策ソフトESETのソフトバージョンのアップデート手順を紹介しました。

ソフトバージョンが古いままでも、ウィルス定義ファイルは最新になるのでとりあえずは安心できるのですが、ソフトの不具合が修正されていたり、OSのバージョンアップに対応していたりするので、気づいたら早めにバージョンアップするようにしましょう。

と言いつつ、私はまだ1台しかやってないです。これから対応します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう