Windowsでキーボードが使えないとき、マウスが動けばスクリーンキーボードが使えます

シェアする

あまりそんな事態に陥らないのが幸せなのですが。

例えば、ある特定のキーだけ効かなくなってしまったり、キーボードが反応しなくなってしまったとき、
「ああぁぁ、終わった」
って思いますよね。

そんなとき、マウスやタッチパッドなどでポインタを操作することができれば、スクリーンキーボードを使って、文字を入力することができます。

というか、そんなとき、この記事を検索してたどり着くことができるのか!?
って疑問も残りますが、説明しますね。

キーボードが壊れて困ったときのスクリーンキーボードの使い方

Windows7 の場合

スタートメニューの「アクセサリ→コンピューターの簡単操作」の順に選択していってスクリーンキーボードをクリックします。

下図のようなスクリーンキーボードのアプリが起動します。

マウスでクリックすることでキー入力することができます。

Windows10の場合

スタートメニューのWindows簡単操作からスクリーンキーボードを選択してクリックします。

ウィンドウの端を掴んで大きさを変えることができます。

マウスでポチポチとクリックすると、入力することができます。

CapsLockキーをCtrlキーとして使ってるとき

CapsLockキーだけに限らないのですが、レジストリのKeyboard LayoutフォルダにあるScancode Map キー を編集することで物理キーボードの入れ替えを行なっていても、スクリーンキーボード内のキーをクリックしたときのキーの機能は、入れ替える前の状態になってます。

なので、物理キーボードでCapsLockキーをCtrlキーにして、物理キーボードではCapsLockキーがない、なのになぜかCapsLockされてて解除したい、
「うぅ、どうしてもCapsLockキーを押したい!」
ってときは、スクリーンキーボードでCapsLockキーをクリックすることで、対応することができます。

ロック解除したいので、ShiftをクリックしてからCapsLockキーをクリックですね。

ところで、CapsLockキーは「A」キーの左側のとっても押しやすいところにあるので、Ctrlキーとして使うこと、おすすめです。

別記事「CapsLockキーって使ってますか?あまり使わないならCtrlキーと交換、あるいはCtrlキーに変えてしまいましょう」にて紹介してますので、よかったら見てみてください。

まとめ

キーボードが故障したり、壊れて出ないキーがあるとき、スクリーンキーボードが便利に使えますよ。

CapsLockキーはほぼ使わないので、Ctrlキーとして使うこともおすすめですよ(ちょっとこの記事と関係ないですね)。

という内容でした^^;

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう