軽量かつ、インターネットや記事執筆、プレゼンなどビジネスにおすすめのノートパソコン3機種

シェアする

この記事では、2018年2月現在で、持ち運びできて、インターネットや記事執筆、プレゼンテーションを行うのに適したモバイルパソコンについて紹介します。

価格だけでなく、処理性能や軽さやバッテリ駆動時間などモバイル性能を重視したパソコンを紹介しようと思います。

中古パソコンは格安で好きなんですが

私は、記事執筆とかインターネットのようなパソコンに負荷の掛からない作業ならもちろん、プログラミング & 検証 のようなメモリ容量と処理能力が必要な用途でも、中古パソコンで十分だという考えがあります。

実際、私は、2011年モデルの パナソニックの CF-N10 というノートパソコンを5万ぐらいで買って、プログラミングしています。

全然、快適です。
ウェブプログラミングしているため、検証にはウェブサーバーで使うアプリケーションなどもインストールして持ち歩いています。

ちゃんと実用で使えてますよ。
ただし、メモリは、12GBまで増やしています・・・

中古PCについては、
記事「プログラミングを始めるのに中古ノートパソコンで十分です。6つの項目で選ぶおすすめ中古ノートパソコン」で書いていますので、合わせて御覧ください。

企業が大量にリプレイス(買い替え)してくれてるため、良いパソコンが多く出回り、ほんと安く手に入れられるんです。

でもやっぱり最新パソコンの方が快適なことも知ってます

でも、妻はどうしても新品が良いと。

その為、10万ぐらいもして高いんだけど、新品の中では安めのノートパソコン買ったんですよ。

もう、超快適みたいです。

CPU処理性能だって私がプログラミングに使っても問題ないぐらい良くて、重さが900g。電源のないところで作業しても10時間以上、バッテリが持ちます。

ただ、メモリの増設ができず、4GBですので、ウェブサーバをエミュレートしたりとメインのウェブ開発機とするのは厳しいですね。それ以外、エクセル、ワードなど文書作成、パワーポイントなどでプレゼンテーション、ウェブブラウザでページを開きまくっての執筆作業などは全然余裕だと思います。

モバイルに適したノートパソコンの選択基準

ということで、この記事では、持ち運びに適したノートパソコンを、
価格というよりはモバイル性能により焦点をあてて、紹介します。

まず、考える必要のある要素について説明します。

私は以下の7つの要素を検討します。妻には重要らしいのですが、私は色は、検討内容から外しています ^^;

  • CPU
  • メモリ
  • ストレージ
  • バッテリ
  • OS
  • 画面サイズ
  • 重さ

それぞれの要素について補足しますと、

CPU:
処理の速さを示すものになります。
世代、カテゴリによって性能が違いますが、
主に、カテゴリが処理性能の目安になります。
メインがインターネットでも、
動画編集とかを行なったりするなら、
処理性能が高いものが良いですね。

ここでは、CPUスコアというCPUの処理性能を計測した結果を
載せているページの情報を基準に選びます。

こちらです。→ PassMark – CPU Mark High Mid Range CPUs

ここの数字が3000以上あるCPUであれば、
実用上問題ないと思います。

メモリ:

作業領域です。これが少ないと、CPUが早くても処理速度が遅くなっていったり同時にたくさんの作業ができなくなったりします。
最低 4GB あれば快適に作業できます。

8GBあれば、いろいろと同時に行なったり、かなりパソコンに負担をかけた使い方も出来ます。たとえば、プログラミングに使うのであれば、検証のためサーバーの仮想環境を持ったりなど。

動画編集とか、プログラミングでも 複数の仮想環境を持つなど、相当ヘビーな使い方をするのであれば、16GBとかも必要かもしれません・・・

ストレージ(二次記憶装置):

ハードディスク(HDD)とかSSDと呼ばれるものです。
ハードディスクより、SSDの方が早くて、振動にも強いですが、割高になります。

でも、最新型を買うのであれば、SSDのほうが絶対良いです。

私は、HDDの中古ノートパソコンを買っても、ストレージは
SSDに換装しています。

HDDでは、特に電源を入れたままでパソコンを運んだりすると壊れる確率が高くなってしまいます。

バッテリ:

サイズがどうということはなく、駆動時間を比べます。
使い方によっては、カタログに記載されている駆動時間よりも電源がない状態で使える時間が短くなってしまうため、余裕を持って選ぶことが必要です。

でも、カタログ性能で10時間以上のバッテリ駆動時間があれば、十分ですよね。

OS:

Windows10がおすすめです。
Macが好きでパソコンに詳しければ止めませんが、Windowsを選択するのであれば、
複数の企業がパソコンを発売してます。

選択の幅が広いですし、出回っているパソコンのほぼ9割がWindowsをOSとして採用しているので、情報もいっぱいあります。

画面サイズ:

軽くしようと思うと、小さい画面の方が有利ですよね。
でも、たとえば10インチとなると、タブレットとしては大きめですが、ちょっとガッツリ作業するには画面が小さすぎて、目が疲れてしまうかなと。

ここでは、12インチ以上を選びます。

1インチ2.54cmですので、12インチは、画面の対角線の長さが、
12 * 2.54 = 30.48cm
となります。

重さ:
持ち運ぶのなら、重要な要素ですね。
1.5Kg以下なら持ち運びに支障ないとも思いますが、1Kg 未満であれば、とても快適に持ち運びできると判断します。

モバイルに適したおすすめノートパソコン

さて、上記の要素から私が勝手に選ぶベスト3機種です。

コストパフォーマンスを重視するんでしたら中古パソコンがおすすめですので、ここでは価格を考慮していません。

1位:

NEC LAVIE Hybrid ZERO(HZ)

画面サイズが13.3インチ(対角線上で33.78cm)と大きめなのに、

0.831Kg と無茶苦茶軽いです。

私が買ったLAVIE NM は 11.6インチで0.9kg でも、
軽いと感じているのに、すごい技術ですよ。

しかも、

お店で買えるカタログモデル、
NEC LAVIE公式サイトで買えるカスタマイズモデル
があります。

お店で買えるものでおすすめは、次のモデルです。

NEC LAVIE Hybrid ZERO

CPU: Core i7-7500U (CPUスコア 5216)
OS:Windows 10 Home 64bit
メモリ: 8GB
ストレージ: SSD 256GB
バッテリ駆動時間: 10時間
画面サイズ:13.3インチ(対角線 33.78cm)
重さ: 830g


これでも無茶苦茶おすすめですが、NEC LAVIE公式ページのカスタマイズモデルは、
クーポンが使えたりして、タイミングによってはこちらのほうがお得です。

今確認すると、クーポン使って購入するとむちゃ安になりますね。

また、細かく仕様を選ぶことも出来ますが、スペックは上と同じ通りがいいんじゃないかと思います。

選べるのは、CPU, OS, ストレージ ですね。
マウスだとか USBメモリのように余計なものを買ってしまうと、割高になってしまうので注意してください。

下の画像をクリックすると、LAVIE公式ページにいけます。
左上の  LAVIE NZ というのが Hybrid ZERO になります。

NEC Direct(NECダイレクト)

2位:
パナソニック Let&’s note SZ6シリーズ

CPU: Core i7-7300U (CPUスコア 5113 )
OS:Windows 10 Pro 64bit
メモリ: 8GB
ストレージ: SSD 256GB
バッテリ駆動時間: 14.5時間
画面サイズ:12.1インチ(対角線 30.73cm)
重さ: 849g

型番が CF-SZ6の後にxxxxと続く文字によって、細かい仕様が違います。
いずれにしても、1位の NEC LAVIE HZ に比べ少し割高になってます。

他の性能が拮抗している中で、バッテリ駆動時間が、1.5倍となっており、こっちを選ぶとしたらこの駆動時間が決めてですかね?
あと、バッテリが交換可能っていうのも、長く使うにはポイントになりますね。

長く使っていると、バッテリって、段々容量が減ってきて、駆動時間が短くなりますから。

で、紹介しようと思ったんですけど、なかなか、いいリンクがないですね。

Amazonでは、今売り切れっぽいですね。
パナソニック CF-SZ6RDYVS Let`s note SZ6

Amazon って、最安のときも多いですし、そうでなくても、万一店が悪質だったりした時、
Amazon経由だったためにお金が返ってきて助かったことがあったので、おすすめです。
万一と言いながら、1万回も買い物していないのに3回ぐらいはありましたね。

それだけ、安い店を攻めているからですが・・・

近いモデルなら、在庫ありもあるようです。

アマゾンで『パナソニック Let’s Note CF-SZ6 で検索した結果

メモリが4GBのモデルにお手頃なものもあるようですね。

あとは、パナソニックのダイレクトサイトで買うかですね。
ここは、もう CF-SZ6 は売ってなくて、後継機種の CF-SV7 になってますね。

だいぶ高くなりますが、すべてにおいて進化してますね。
価格を気にせず、処理性能とモバイル性能を求めるのであれば、
おすすめの機種です。

下のリンクをクリックして、SVシリーズを御覧ください。

Panasonicのパソコン直販サイト

3位:
再び、NECです。

NEC LAVIE NM 12.5型

私の妻がばりばりつかっている LAVIE Note Mobile NM シリーズです。

むちゃくちゃ快適だって言ってます。

うちのはメモリ4GBでしたが、やっぱり8GB の方がずっと使えそうで安心ですね。

しかも 2018年春モデルと称して、画面サイズが11インチから12.5インチに大きくなってます。
なのに、重さはほとんど変わらない!!!!

これ、CPUスコアは上の2つと比べると低めですが、それでも3500以上あって、私の今のメインパソコン以上なんです。

処理性能は十分ですね。

それなのに価格帯は、上の2つに比べるとむちゃくちゃ安い。

しかも、やっぱりNEC LAVIE公式サイトから申し込むとクーポンも使えて更にお得。

CPU: Core i7-7Y75 (CPUスコア 3903)
OS:Windows 10 Home 64bit
メモリ: 8GB
ストレージ: SSD 256GB
バッテリ駆動時間: 11.6時間
画面サイズ:12.5インチ(対角線 31.35cm)
重さ: 925g

下の画像をクリックして、価格をチェックしてみてください。

NEC Direct(NECダイレクト)

NEC LAVIE NMはコストパフォーマンス的には一番おすすめ

処理性能のスペックは、1位、2位に劣るものの、十分な処理性能があり、一番おすすめなので、もう少し解説します。

サイトがわかりにくいのでちょっと価格チェック方法を説明しますね。

購入直前まで入力すれば、いくらで買えるのか確かめられますよ。
(逆にそうしないと、欲しい機能がいくらなのかわからないので ^^)

上の画像をクリックすると、下の画面が出ますので、モバイルの 12.5型 を選択してください。

下のほうに、「ご購入はこちら」ボタンがありますので押します。

CPUが、i7-7Y75 のモデルを選んで「カスタマイズご購入はこちら」をクリックします。
クーポンの記号があれば、最後に入力すると、割引された価格がわかりますので、控えておいてください。

仕様を選ぶページが出ますので、SSDだけ、128GBじゃ少ないので256GBを選択しましょう。

あとは変更なしで良いと思います。

強いて言うなら、CPUをi5にさげても良いかもしれません。
それでもCPUスコア3500超えです。

選び終わったら画面一番下の「内容確認へ進む」をクリックします。

確認したら一番下の「カートへ進む」をクリックします。

まだ、発注されないので大丈夫です。
次の画面で、クーポン番号を入力します。

すると、クーポンコードを入力できる画面となりますので、コードを入力し、「適用」をクリックします。

なかなか、良い価格になったのではないでしょうか?
価格.comで売っている店頭モデルに引けを取らないコストパフォーマンスだと思います。

※買わない場合は、ここでブラウザを閉じてください。
「購入手続きへ進む」をすると、買ってしまうかもしれません。

まとめ

やっぱり、最高のものは高いです!

仕事の効率重視なら、高くても良いものを選んだほうが得する場合だってあります。長く使えますし、時間の節約にもなりますから。

そんな、おすすめのモバイル向けノートPCは、
NEC LAVIE Hybrid ZERO
Let’s Note CF-SZ6シリーズ
NEC LAVIE NM 12.5型
ですね。

十分な性能でコストパフォーマンスのよい NEC LAVIE NM 12.5型が一番おすすめという結果になりました。

LAVIE NM の進化版は、旧モデルを妻がバリバリ使っていて手元にあるため安心しておすすめできますね。

というか、うちは、NM の11インチ版を2017年の12月に買ったばっかりだったんで、ちょっと残念です。今年の1月に新しいやつ発売だったんですね。

また、もっと、安く済ましたいなら、性能を妥協するより、中古PCを選択する手があります。

でも中古だと、バッテリがくたびれてしまって駆動時間が短くなっている可能性もありますので、バッテリは取り外し可能なモデルを選んでくださいね。

中古PCについては、
記事「プログラミングを始めるのに中古ノートパソコンで十分です。6つの項目で選ぶおすすめ中古ノートパソコン」で
書いています。

記事で紹介しているノートパソコンは中古市場からなくなっているかもしれませんが、
その分、もうちょっと新しいモデルがどんどん、出回ってくると思います。

企業が大量にリプレース(買い替え)したことで、たくさん中古市場に出回ったノートパソコンが狙い目ということになるんです。

当分は、狙い目は、パナソニックの Let’s Note CF-N のシリーズか、CF-S のシリーズになると思いますよ。

この記事を参考に、良いパソコンを選んでくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう